読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮内翼のブログ-おもれい副社長のブログ-

会社の事、事業の事、ビジネスの事、プライベートもざっくりと

これからの事業展開について

今回でブログ2回目の更新となります。自分の過去を振り返えると30年間生きてきて、継続して続けてきた事、正直あまりないことに気づく。

小さな事をコツコツというコトバは、非常に本質的であり、このコツコツができる人が大きな成果を生み出す。何とも当たり前のことで簡単な事だと思うが、、これが人はそう簡単に出来ない生き物だと思う。ただ、この継続には根気が何よりも重要な比重であり、脳はすぐ諦めようとか、ラクな方へと無意識にいってしまうから性質だと理解していれば、自分で自分をコントロールすることは簡単である。

これは、この本を読んだ時にそう感じた。

f:id:tsubasamiyauchi:20170218194326j:plain

 

西田さんという経営コンサルティングをされている方の本。脳は常に錯覚を起こしているという。結構、面白いのでおすすめです。

これを読んでさらに意識したということも一つあるが、人間は自分で限界を作らなければ、成長し続けれることが理解できる。出来ることからコツコツということでまずはブログを継続していこうと思う。

さて今回のブログのお題にいこうと思うが、会社も最近では色々あった(まぁ、ベンチャーというのは毎日が戦争みたいなものだが・・)

社員が辞めたり、新しい事業拡大に模索したり、ベンチャーキャピタルとの話しをしたりとすべては会社の未来のため。この進学業界の中では、弊社のポジションは少し他の会社とは違う。分類わけをするれば見てみてわかり、内容は他社とは変わらないが、ターゲット・切り口が少し違う、クライアントと話しをしていてもやっている内容は同じなのだが、切り口が違うから「おもれいは新しいことをする会社」という認識をされている。そういった意味では、業界の中では異端児的な存在になろうとしている、いい意味で。

業界に変革をと掲げている以上は、これはいい意味でも戦略どおりに進んでいる。今後は、高校生だけではなく、小学生・中学生・大学生とアプローチの幅を広げていくを考えている。また留学生もこれからかなり伸びると予想している。いち早く、日本に来たいと考えている外国人のインフラ的整理ができれば、うちはこの事業ではいいポジションを獲得できると予想する。

まぁ引き続き、部活動ガイダンスと留学はうちの会社の主軸事業なので、大きくしていく予定です。資金調達も本格的に動きだす予定なので、いい報告ができるように尽力あるのみである。